経営を引き継ぐことが経営承継

ビジネスマン

経営承継とは、経営を引き継ぐこと、負債を含んだ事業用資産を引き継ぐこと、自社の株式を引き継ぐことと一般的に言われています。

事業承継ともいいます。
ただ、経営承継という言葉は、事業承継と同義として使われる場合と、上記のうち「経営を引き継ぐこと」だけを指して使われる場合もあります。
その理由は、株式や事業用資産の承継は相続税や贈与税などの金銭問題である一方、経営を引き継ぐことだけは経営者としての資質を問う問題であるため、その部分をクローズアップして経営承継と呼ぶケースがあるわけです。
いずれにせよ、ここでは広義の経営承継についてみていきましょう。

事業承継と相続のプロアドバイザーはこちら

 

 

経営承継で重要なことは経営ビジョンの共有

握手

まず、円滑な引き継ぎを進めるためには、現経営者と後継者が経営の理念やビジョンを共有することが非常に重要です。
経営理念は、「何のために我が社は存在するのか」ということを明確にしたものであり、経営ビジョンは、「経営理念を達成するために何を具体的に行うのか」ということを示したものです。
経営承継の実際のステップにおいては、実に様々な課題をクリヤーしていかなければなりません。
「経営承継は、理念承継から」ということを常に頭に置いて経営承継を進めていく必要があります。

 

 

 

経営承継計画で併走することも重要

ビジネスマン

また、経営権を譲るには、一定の期間、リレー競技のように、現経営者と後継者が並んで走ることが必要です。
そのためには、経営承継計画をできるだけ早いうちから作成して実行することが重要です。
現経営者は、長い年月をかけて経営体制を作り上げてきています。従って、後継者が代表取締役になったからといって容易に引き継げるものではありません。

 

 

自社株式の問題も出てきます

 

また、後継者にいかに自社の株式を引き継ぎさせるかということも大事なポイントになります。
経営権は株式の所有割合に大きく左右されますので、後継者が経営を行うのに十分な株式を持っていないような場合には、円滑な会社経営ができません。
しかし、現経営者の持っている自社株式の評価額が高いと、後継者に譲る際に多くの税金が課せられることがあります。 自社株式の引き継ぎも、計画的に時間をかけて行うことが必要です。

 

 

経営承継と個人資産

 

更に、中小企業の場合には、一部の事業用資産が現経営者の個人資産になっていることもあります。
この場合には、後継者に事業用資産を譲ることも必要になります。
相続などで事業用資産が他の相続人が譲り受けることになると、円滑に会社の経営が進まない恐れがでてきます。
このような経営承継の内容をさらに知りたい方は

 

経営承継・事業承継のプロが語るページ

コメントは受け付けていません。