事業継承の成功

企業の存続のためにどれだけ力を尽くしてきた経営者であっても、いずれ引退し事業を譲り渡さなければならない日が来ます。しかし、現在の日本の中小企業をとりまく環境は厳しさを増しており、現経営者が築き上げてきたものを確実に後継者に引き渡すことは非常に困難なことになってきています。

 

実際、中小企業が廃業に追いやられる理由として、事業継承がうまくいかなかったケースが近年、散見されつつあります。経営者は事業継承の困難さと、重要性をよく認識し、事業継承を成功させることが、経営者が会社のためにできる最後の大仕事と言えるでしょう。

→事業継承の専門アドバイザーはこちら

 

 

事業継承においては、まず、後継者選びが最も重要な問題となります。

 

中小企業は社長の力量によって会社が大きく左右されます。

 

従って、社長に相応しい後継者の選定に失敗すれば、組織の統率は乱れ、業績も思わしくないものとなるかも知れません。一般的には、社長の息子さん、娘さん、娘さんのお婿さんが後継者の有力候補になりますが、事業継承を早めに意識し、会社の幹部も視野に入れて後継者選びを進めておくことが大切です。

 

もし、社長の息子さんや娘さん、親族、社内を見渡しても相応しい人材がいない場合、後継者選びにこだわり、事業継承を遅れさせるよりは、M&Aで同業他社へ継承したほうがいい場合もあります。また、後継者に事業を継承する場合でも、自社にとって将来性のない一部の事業を売却するなどして、事業再編を図り、後継者の負担を軽くしておくという選択もできます。

 

また、事業継承に付随する問題として、会社の株式など、社長の個人財産の継承があります。特に会社の株式の継承は、会社の経営権が絡むので極めて重要です。行き当たりばったりの無計画な継承は、後継者が経営権を握れない事態となることもありますし、過大な相続税を払うことになる可能性もあります。

 

事業継承の際に、社長がどう判断し、どう行動するかで、会社の未来は大きく変わります。

 

事業継承の重要性について、詳細はこちらです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)