運営者情報

ご自分が長年、苦労して経営してきた会社を後継者に譲ろう、と決めた場合、次に考えねばならないことは、事業承継を成功に導くための、後継者育成です。

 

そもそも経営者には様々な資質や能力が求められますが、それらの中で、今の後継者に足りないもの何なのか、足りないものはどういう優先順位で習得させていかねばならないのか。こういったことをきちんと計画的に行っていかないと、事業承継は途中で頓挫することもあり得ます。例えば、後継者がマネジメント能力、中でも人の立場に立って話しを聞く力に欠けており、それを身につけさせる教育を怠った場合、一気に人心を失い、会社から有能な人が去ってしまうということもあるでしょう。このように、後継者育成のプランは、事業承継の成否を決する要素を持っているのです。

 

上にも述べたように、後継者育成の出発点は、その後継者に経営者として必要な要素の中で、何が欠けているか、を把握することです。中でも、重要な要素は後継者の会社を継ぐ、という覚悟です。後継者が社長として会社を経営していく上では、自分独りで決断を下さねばならないことも出てきます。その孤独な決断を行う覚悟が必要です。また、その決断の結果は従業員とその家族の人生に大きな影響を与えます。従って、従業員とその家族の人生を預かる覚悟が問われることになります。社長が会社の銀行借入の保証人になっている場合、その保証を引き継がねばなりませんが、会社が倒産の憂き目に遭った場合、後継者自身も全ての資産を投げ出さねばならなくなります。そうした事態への覚悟も必要です。

 

そのほかにも、財務スキルや人事スキル、事業運営スキルなど、事業を承継する後継者には、実に様々なことが求められます。そのため、後継者育成が必要であり、そうしたサービスを行っている機関が世の中にはたくさんあります。

 

そうした後継者育成サービスを選ぶ場合、一つ重要なことは、その後継者に合った育成の仕方をしてくれるものを選ぶということです。多くの人を集めたセミナーなどに参加するだけでスキルが身についたり、覚悟が出来るということはまずありません。一人ひとりの後継者に応じた育成をしてこそ、身につく可能性も出てくるのです。

 

後継者育成と事業承継についてもっと知りたい方はこちら

コメントは受け付けていません。